サイトトップ > サイトマップまで放置

眠気覚ましサプリ特集@おすすめはどれ?

勉強や仕事の眠気対策

 

勉強や仕事の最大の敵のひとつが眠気です。勉強をしようとすると眠くなるという場合は、まず単純に睡眠不足が問題のこともあります。受験勉強など根をつめて行うような場合は、連日睡眠時間が短くなってしまいがちです。人によって適切な睡眠時間は違いますから、度を越えて睡眠時間を削るのは良くありません。

 

ストレスが多い生活になると脳の疲れが大きくなります。勉強をする時に限って眠いという人は、勉強のストレスが強いと考えられます。こういう時はしっかり寝ることが能率の確保のためにも大切です。

 

また食後は基本的に眠いものです。食後は副交感神経を優位にして体を休め、消化や吸収を促そうと体は働きかけるようになっています。そしてしばらく経つと血糖値の上昇によって眠気はさらに強くなっていきます。この時に摂食中枢にあるオレキシンという覚醒作用を持った物質の分泌が抑制され、睡眠中枢が優位になって眠くなるのです。

 

勉強や仕事で眠くて仕方のない時には集中力が続かない状態で無理に続けている場合もあります。それがストレスとなってしまって脳疲労から眠気が出る場合もあるのです。また同じような姿勢をずっと続けていると、筋肉が緊張して凝ってしまい、それが原因で血行が悪くなり、脳に酸素が不十分になって酸欠状態から眠気が生じることもあります。この場合は姿勢を変えてみたり、体を動かして血行を改善するのが良いでしょう。

 

勉強中や仕事中に眠くなる場合にはいろんな原因がありますが、上手く緩和する方法を知っていれば能率アップにつながりますから、色々調べて試してみてくださいね。

 

眠い理由は睡眠慣性にあった?

 

起きても眠く、また眠気が強くて布団から出たくない、そういう場合にはいろんな問題があるものです。中には「睡眠慣性」と呼ばれるものが原因になっていることもあります。

 

「睡眠慣性」というのは朝起きた時に強い眠気を感じることを言います。寝起きはちょっと眠いというのは誰でも経験していると思いますがそのことです。これはご存知のように起きて数分もすれば消えてなくなるのですが、人によっては目が覚めてから20分も30分も眠気がとれない場合もあるのです。こういう場合「強い睡眠慣性が働いている」というような表現をします。

 

この睡眠慣性を改善するためには、太陽光を浴びることが有効です。太陽の光に限らずある程度の強さ(2,500ルクス以上)の光を浴びることによって睡眠慣性を改善することが出来ると言います。ちなみに地上に届く太陽の光は5,000ルクス程度なのだそうです。この睡眠慣性の強さが何で決定されるかというと睡眠の質です。睡眠が深さによって強さが変わってきます。深い睡眠を取るほどこの睡眠慣性が強く働きます。睡眠の深さは周期がありますから、その周期を合わせることによって起きやすくなります。

 

睡眠慣性は朝だけでなく長時間の昼寝によっても生じますので注意してください。ちょっと長めに昼寝をするとすぐに起きれなくなりますから昼寝は短時間で切り上げましょう。30分以内が目安です。普段の睡眠習慣を考えるうえで大切なことですから睡眠慣性に着目して見直してみてはいかがでしょうか。

 

眠気と血糖値

 

食後に突然の眠気が生じる場合には、血糖値が関わっていることが多いです。実は血糖値は高すぎても低すぎても眠くなります

 

血糖値が低い場合には低血糖となってしまうのですが、この状態だと脳に必要なブドウ糖が少なくなっているために脳の働きが低下し眠りたい、休みたいと脳が訴えることから眠気が生じるようになります。では血糖値が高い場合にはどうして眠くなるのかというと、食事によって血糖値が高くなると血糖値を調整するホルモンであるインスリンが膵臓から分泌されることによって血糖値の上昇を抑制します。

 

このインスリンは血糖値が高くなるほど分泌量も多くなるのですが過剰に分泌されることもあり、そのために必要以上に血糖値が低下するようになります。その結果、低血糖と同じ状態になってしまって脳が眠気を感じるようになるのです。ですから血糖値が上がりすぎず、また低くならないように食事をすることが大切です。メニューや量の見直しはもちろんですが、食べ方によってもこの血糖値の変化が起こります。

 

食物繊維を含む食品を先に食べるようにしておくと、糖質などの吸収が緩やかになりますので、その分急激な血糖値の上昇を防ぐことが出来ます。サラダや海藻類があれば、まず先に手をつけておくのが良いでしょう。また炭水化物などはいっぺんに食べず、時間をかけて少しずつ食べることが大切です。食後にいつも眠気が来るという人はこの食事の習慣に注意して眠気を克服してみてくださいね。

 

眠気の原因は貧血

 

よく眠っても眠い、そういう場合には病気を疑ってみる必要があります。

 

身近な病気でもある貧血の症状には眠気もありますので貧血対策が必要かもしれません。貧血は顔が青白くなってしまい、めまいが生じてふらついてしまうということを考えると思います。貧血の多くは鉄欠乏性貧血と言われるもので、通常は貧血と言うとこれを指します。血液の赤血球中のヘモグロビンが鉄分不足によって作られずに、血液の酸素を運搬する能力が落ちてしまっている状態です。酸素不足になることによって、息切れが生じたり、脳に酸素が届かずにめまいを生じるようになります。

 

人間は寝ている時には呼吸が深くなりますが、それだけ体が大量の酸素を必要としているということになります。鉄分が不足していると酸素不足から睡眠の質が下がってしまい、時間は充分でも眠気が生じるようになるのです。ですから基本的には貧血が原因であれば鉄分の摂取によって改善されます。

 

鉄分を多く含むレバーやほうれん草などを摂取し、また鉄分の吸収を妨げるお茶やコーヒーを避けるようにすると良いでしょう。ビタミンCは鉄分の吸収を助けてくれるので一緒に摂取すると良いと思います。必要に応じてサプリメントなどを利用するのも鉄分摂取のうえでは効果的です。

 

貧血時には無理に作業をすると危ない場合もありますので、そういった症状が出ている場合には車の運転など注意力を必要とする仕事は避けた方が良いでしょう。

 

眠気覚ましは難しい

 

眠気覚ましの方法にはいろんな方法がありますが、皆さんはどのような方法で眠気と戦っているのでしょうか。

 

効果のあるもの効果の無いものいろいろありますが、中でも眠気に対する効果がありそうで実はなかったという感想が多いのが、ガムを噛むことです。ガムを噛むと眠気が覚めると言いますが、ガムを噛めないくらいに眠かったりするとあまり効果が無かったりするんですよね。またガムを噛んでいい環境は少なく、寝てはいけない場面ほどガムは噛めないものだったりします。

 

カフェインは眠気に有効という話がありますが、カフェインを摂取して効果が出るまでには30分程の時間が掛かるそうです。ですから眠いと思ってから飲んでもあまり効果がありません。眠くなりそうな日、寝てはいけない時間の前に仕込んでおくべきと考えましょう。

 

眠気覚ましのための効果が高い方法と言われるツボ押しですが、痛いほどのツボ押しならともかく、ちょっと刺激したくらいで眠気が取れることはあまりありません。一応、理論的には納得が出来るものではありますが、実感として目が覚めるとはあまり感じられないようです。

 

人によって感じ方はそれぞれでしょうが、やはり眠気覚ましというのは簡単なものではないと思います。ですから様々なノウハウがある中で、自分で色々と研究してみて相性のいい効果のある方法を行うのが良いでしょう。「ネットでこういう情報があったからこれが有効」という思い込みだけではいざという時にはちょっと頼りないものです。しっかり確認して使える方法を絞り込んでおきましょう。

 

生理前の眠気対策

 

生理前になると、ホルモンバランスが変動して、黄体ホルモン(プロゲステロン)が強くなります。この黄体ホルモンの作用によって、眠気が強く起こるようになります。

 

人間の体は、朝から夕方にかけては徐々に体温が上がり、それ以降は少しずつ下がっていくようになっています。ある程度体温が下がってくると、自然に眠さを感じるようになっているので、夜には眠くなるのです。しかしながら、生理前はこのホルモンの作用によって体温が下がりにくくなっていて、そのために寝つけなかったり、寝ても度々起きたり、睡眠が浅くなってしまいがちです。そのために日中もさらに眠くなってしまうのです。

 

この眠さを改善するには、ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活をすること、そして栄養バランスのとれた食事をすることです。また、体がしっかり眠りに入れるように、生活を調整してみましょう。早めにお風呂に入ると、体温が上昇し、そこから自然に下がっていくので、体が眠る時間だと誤解して早く眠くなってきます。この時にガマンしないですぐに就寝すると良い睡眠になります。

 

夜間に携帯を使ったり、パソコンやテレビを見るのも脳を刺激してしまい眠りにくくしてしまいます。夜間は電子機器はなるべく避け、早く眠れる状態を作ることが大切です。生理のときだけこのようにするというのは、生活上のストレスも大きいので、できる限り普段から意識しておくと、生理に伴う体調変化が小さくなりますよ。

 

眠気をとるサプリはいかが? http://www.shirtswap.net/

 

筋肉とコラーゲンの関わりについて

 

コラーゲンというのはタンパク質の繊維であり体を支える堆積の半分を占めています。鉄筋的な役割があったり、身体の外側を形成する皮膚の約7割を占めて弾力や潤いを保ち、血管や内臓などでも重要な要素になります。さらに身体を動かす上で非常に重要な成分がコラーゲンになっています。非常に重要な役割である筋肉とコラーゲンの関わりについて説明します。

 

筋肉について理解していてもらいたいことは、これは収縮することによって力を発生させる器官であり、骨格筋、内臓筋に大きく分けられます。また筋細胞で形成された筋繊維の構造の違いで平滑筋、心筋、黄紋筋に分けられます。さらに意識してコントロールできるかどうかで随意筋、不随意筋に分けられます。

 

コラーゲンは加齢によって減っていき劣化していきますので、それに伴い身体全体の老化が促進されます。そして、筋肉に関しても加齢によって筋繊維数が減少して筋繊維が萎縮するので、筋肉量は減少します。筋肉の重量は成人の場合体重の4割とされており、それが40歳以降は少しずつ減少していきます。

 

では筋肉とコラーゲンの関係に関して詳しいことは現在研究中ということになっています。ただ、筋肉の構造からみるとコラーゲンの劣化を抑制できれば筋力低下のリスクは減少することが出来るということは十分に考えられるのではないでしょうか。とういった点からもコラーゲンを意識しておくといいでしょう。

 

 

こちらもどうぞ! エラスチンサプリの口コミランキング@おすすめはどれ?